FC2ブログ
10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ヒミツの転校生

2014/11/23
電子書籍『ヒミツの転校生』(メディアチューンズ/月夜見ライブラリー)◆

みんなが憧れるイケメンの転校生・哲雄に、貴子もどきどき。だが哲雄は、幼稚園のころ貴子がいじめていた泣き虫のテツだった!
「責任とって、俺のリハビリにつきあってよ」
いじめのトラウマで女性不信になった哲雄のため、貴子は期間限定の恋人役をすることに。
好きだから、形だけでもつきあえるのはうれしい。でもこれは、彼が立ち直るまでの、ひとときの夢……。
罪の意識と、揺れる恋心。
甘酸っぱくてHなティーンズラブ



「久しぶり……俺のこと、覚えてる?」
「――え?」
 どこかで会ったことがあるのだろうか。まったく覚えがない。
「俺、むかしこの街に住んでたんだよ。同じ幼稚園に通ってたテツ、覚えてない?」
「――あ……ああああーっ!」
 思いだした。小さくて泣き虫のテツ。いじめると泣きながら追いかけてくるのがかわいくて、当時の貴子は、しょっちゅうテツをいじめていた。
 そのテツが、こんなに男らしく成長していたなんて。だが言われてみれば、たしかに目もとや鼻すじには、かすかなおもかげが……。
「よかった、思い出してくれて」
 哲雄はにっこり笑うと、すぐにまじめな顔になって言った。
「俺さ……あれがトラウマっつーか、あれ以来女性不信になって、女の子とつきあえないんだよね。タカちゃんのせいだよ」
 貴子は再会を喜ぶまもなく、一瞬にして奈落の底へ突きおとされた。
 ――私がいじめたせいで、トラウマ!?



 シャワーの音がやみ、ドアが開閉される音がして、やがてベッドの片側がぎしりと沈む。
 布団の端が持ちあげられて、哲雄の体が横にすべりこんでくると、貴子の心臓は一気に跳ねあがった。
 大好きな哲雄の指が肩に触れ、そっと抱きしめられ、大きな体が上にのしかかってくる。
 こわごわという感じで頬にキスをされ、それから静かに唇を重ねられた。
「――いやじゃない?」
「うん……哲雄こそ、平気?」
「うん、気持ちいい」
 こんどは少し強く唇を押しつけられ、舌先で唇のあいだを割るように舐められた。それだけでぞくぞくして、首のあたりがかーっと熱くなってくる。
 唇を吸われ、舌を入れられて口の中を舐められた。歯や歯茎の裏、上顎をなぞられ、舌を絡められて強く吸われた。
 哲雄の口の中に舌を引きこまれると、舌の付け根が痛み、そこから甘いしびれが広がる。
 キスのあいだに、哲雄の手も動きはじめ、バスローブの上から肩や胸をまさぐってきた。
 布で乳首をこすられたとたん、くすぐったいような快感が走り、貴子は思わずびくんとする。同時に股間が一瞬にして熱くなり、どくどくと激しく脈打ちはじめた。
「んん……」
 甘ったるい声が、無意識に鼻から漏れる。
 するといきなり胸をつかまれ、絞るように強くもまれた。
 痛くはない。気持ちよくて、むしろもっと強くしてほしいくらいだ。哲雄の背中に腕をまわして抱きよせると、願いどおりもっと力をこめられ、恍惚とする心地よさが湧きあがった。
 バスローブの前をはだけられ、直接素肌に触れられる。いままでより感覚がはっきりして、ますます感じてしまう。
 指先で乳首を転がすように撫でられ、つぎにはそっと挟まれた。押しつぶすようにじわじわと力をこめられ、痛みを覚える寸前ですっと放される。
「こんな感じで……いいのかな?」
 不安そうにきかれ、貴子はうっとり答えた。
「大丈夫……気持ちいい……」
 テクニックよりなにより、哲雄に触れられていると思うだけでとろけそうだ。
 乳首にキスされ、そっと口に含まれると、背すじがぞくっとして、股間から熱い蜜が流れだすのを感じた。
 くわえたまま、舌先でつついたり舐めたりされる。軽く歯で噛むまねをされると、息が詰まるような快感が駆けぬけ、全身が燃えるように熱くなりはじめた。

関連記事
00:00 メディアチューンズ/月夜見ライブラリー | コメント:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。