FC2ブログ
10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

禁断愛~夏川まどか短編セレクション~

2013/04/23
電子書籍『禁断愛~夏川まどか短編セレクション~』(シュガーLOVE文庫)◆
 「キケンすぎる逃避行!?」「キケンすぎる関係」2編収録

受験に失敗し、失恋して、自殺を考えていた静香は、ナイフを持った青年・ヤスマサに脅され、恋人のふりをさせられる。どうやら警察に追われているらしいヤスマサだが、意外にも紳士的で――(キケンすぎる逃避行!?)
満枝は、転校生の幹久から交際を申しこまれ、つきあいはじめる。人気者で、恋人としても申し分のない幹久。だが、偶然知った彼の経歴は、満枝の生き別れの兄そっくりで――(キケンすぎる関係)



【キケンすぎる逃避行!?】

◆抜粋◆
 静香は、身長170センチ強と、女子にしてはかなり大きい。そればかりか肩幅もがっちりしているので、そのへんの男子よりずっとたくましく見えてしまう。
 だが、外見はどうあれ、静香だって恋に憧れるひとりの少女なのだ。
「好きでこんなにデカく育ったわけじゃないわよっ!」
 腹立ちまぎれに自動販売機を蹴ると、つま先を傷めてしまい、涙がにじんだ。
 情けなくなってその場にしゃがみこむ。
 何も考えたくなかった。いがみあう両親の声も聞きたくないし、将来のことも考えたくないし、振られたことも思い出したくない。
 マジで、死んじゃえば楽だよね。
 目の前をびゅんびゅん走りぬけていく車の流れを、ぼんやり眺めた。
 このまま車道に飛び出したら、一発で死ねるかな?
 無意識に体が動き、ふらふらと立ちあがりかけたそのときだった。いきなり二の腕をつかまれ、強い力でビルとビルの隙間にひっぱりこまれた。
「声を出すな」
 押し殺した声で脅され、首すじに冷たいものを押しあてられる。

◆Hシーン抜粋◆
 熱いもので股間全体をすっぽり包まれた。
 開いた口で覆われたのだ。
「あっ……んっ……」
 舌先が中心をかすめると、とろけるような快感に力が抜けた。
 広げた舌で全体を舐められ、とがらせた舌先でひだの奥をなぞられる。唇と歯でひだをもむように刺激されると、じれったいうずきがもやもやと湧きでてきた。
「……もっと、強く」
 吸盤のようにぴったり吸いつけられ、そのまま舌でめちゃくちゃにかきまわされた。同時に両方の手のひらで臀部を撫でまわされ、知らず知らず腰を揺らしてしまった。
 体を支えきれなくなって、前方の床に手をついてしまう。
 その姿勢で、ヤスマサの顔に局部を押しつけるようにすると、クリトリスをぺろりと舐められ、次にカリッと歯を立てられた。
「ッ!」
 反射的に涙がにじんだ。驚いたが、痛いというほどではなく、そこが熱をもって激しく脈打ちはじめる。
「あっ、ダメっ、イっちゃう!」
 だが、あとわずかで達しようという瞬間、不意に口を離され、意地悪な声で言われた。
「イきたかったら、また俺のもかわいがってくれよ」
 体の向きを変えられ、シックスナインの姿勢をとらされる。
 目の前に、ふたたび硬くなったペニスが突きたっていた。
 すでに伝いおちている雫を、下の方から丁寧に舐めとる。ふらふらと揺れるのを握って支え、ソフトクリームを食べる要領で無心に舐める。


【キケンすぎる関係】

◆抜粋◆
「吉田幹久です。よろしく」
 そう言って頭を下げた転校生は、たちまちクラスの人気者になった。
 整ったやさしい顔立ちにスレンダーな体格。とはいえ弱々しい感じではなく、性格は快活で、さっぱりと男らしい。
 スポーツ、学業ともに成績優秀で、面倒見もよく、男子からも女子からも好感を持たれた。
 吉田満枝も、幹久に憧れるひとりだった。だが、満枝自身は、自分にそれほどとりえがあるとは思っていなかったので、遠くから幹久を見つめるだけで満足していた。
 ところが、どういうわけか幹久は、そんな満枝に声をかけてきたのだ。
「よかったら、僕とつきあってくれないかな?」

◆Hシーン抜粋◆
 両手で包むようにされ、そっともまれながら、乳首にキスをされる。乳首を口に含まれ、舌先で転がすように舐められると、ずきんとするような快感が寄せてはひいた。
 指先で乳首を挟まれ、くりくりとこねられながら、しびれた先端を舌で撫でられる。強く吸われて、指ごと口の中に引きこまれ、軽く歯を立てられた瞬間、満枝は、これまで感じたこともないような衝撃を股間に受けた。
 クリトリスがどくんと脈打ち、おもらしでもしたように熱く濡れるのがわかる。
 満枝はうろたえて涙ぐみ、慌てて体をずらそうとしたが、幹久の腕にがっちり捕らえられて身動きできなかった。
 キスで口をふさがれ、すばやく伸びた手に股間を暴かれる。
 だが幹久は、ここでも慎重だった。
 股間全体を手のひらで包まれ、親指で草むらを静かにかきわけられる。
 くすぐったくて、気持ちよくて、我慢できなかった。
 満枝は、いやいやをするように首を振り、幹久にしがみついて自分からキスを求めた。
 すぐに、息もできないほど熱いキスを返される。
 ねだるように腰を押しつけると、ひだを開かれ、幹久の指が柔らかな部分にすべりこんできた。
 ひだにそって前後に撫でられ、クリトリスと膣口のあいだをやさしくこすられる。
 これまでとは比べものにならない快感が湧きあがり、蜜がどっと溢れでた。
 幹久の指が動くたび、蜜が濡れた響きを立てるが、それを恥ずかしいと感じる余裕さえない。
 指が膣口を割って入ってこようとしたとき、満枝はまた緊張で体をかたくしたが、激しいキスに我を忘れているすきに潜りこまれ、あとはなしくずしだった。
 指は体内でやさしくうごめき、初めての感覚に、満枝ははじめとまどい、やがて積極的に受けいれていった。
 刺激をはっきり感じる入口と、遠くぼんやり感じる奥の方。だが、撫でられ、かきまわされるにつれ、体の最奥から小さな火の玉が生まれ、成長し、じれったいうずきで奥の方がむずむずしてくる。
 指を動かしながら、幹久が体を重ね、クリトリスとペニスをこすりあわせるように腰を動かしはじめた。
「あっ、ああ!」
 たまらず、悲鳴のような声が漏れる。
 電気ショックのような快感が、全身を駆けまわり、あとからあとから頭の芯を突きあげてくる。
「いやっ、いやっ、やあーっ!」
 本当はもっとしてもらいたいのに、口から出てくるのはいやという言葉ばかり。

関連記事
02:02 イースト・プレス/シュガーLOVE文庫 | コメント:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。