FC2ブログ
08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ダメ男にkiss

2011/12/15
電子書籍『ダメ男にkiss』(シュガーLOVE文庫)◆

夢子の彼氏・寛平は、ルックスとHのテクは抜群だが、だらしがなくて甲斐性なし。それでも憎めなくてつきあっていたのに、寛平があろうことか寝言で別の女の名前を呼んで――!



◆冒頭◆

「こんの、ロクデナシっ! 出てけーっ!」
 大場夢子は、顔を真っ赤にして叫ぶと、裸のまま菅野寛平を玄関から叩きだし、続いて衣服と荷物も放りだした。
「ちょっ、ちょっと待てよ、夢子! なに、いきなりどうしたんだよっ?」
「自分の胸に手をあてて聞いてみたらっ? あんたなんか、サイテーっ!」
 とりすがってくる寛平を蹴飛ばし、怒りに任せて乱暴にドアを閉める。
「お~い、夢子~! 開けてくれ~、せめて話を~! お~い――」
 寛平の哀れな呼びかけに耳も貸さず、夢子はベッドに戻ってフテ寝を決めこんだ。

 夢子は、とあるビジネス系の専門学校に通う二年生。入学してまもないころ、先輩だった寛平から声をかけられ、軽い気持ちでつきあいはじめた。
 ルックスはアイドルタレントなみ、体の相性もばっちりで、最初はタナボタのように思っていた夢子だが、それが幻想だったと思いしらされたのは、つきあって1か月もしないうちだった。
 とにかく、だらしがなくて甲斐性がない。
 学校は毎日、遅刻かサボり。デートの待ちあわせにも、3回に2回は遅れてくる。ひどいときには、デートの約束をしたことさえ忘れている。
 遅れてきてもあっけらかんとしていて、ちゃんと謝ることも、お詫びになにかしてくれるようなこともない。
 親から充分な仕送りをしてもらっているはずなのに、いつも財布の中はカラ同然で、プレゼントの1つもくれたことがない。Hのときも、ホテル代をけちって、いつも夢子か寛平のアパートだ。
 当然、夢子の誕生日など覚えているはずもなく、つきあって初めてのその日には、こともあろうに友人宅で麻雀をしていて、朝までずっと携帯電話機の電源が切られていた。
 そして卒業したいま、正社員として就職せずにフリーターをしているのだが、それすら、同じ職場で3か月以上続いたことがないというていたらく。
 そんなダメ男と、なんだかんだとずるずる続いてしまったのは、寛平が憎めない性格だから、という1点に尽きるだろう。


◆Hシーン抜粋◆

 ゆっくり根もとまで指を入れられ、探るように内壁をなぞられる。緩く出し入れされ、ふたたび根もとまで収められて、つぎには前の方をもむようにいじられる。
「んん……っ」
 イイところをこすられて、夢子は思わず体をよじった。
 ぞくっとして力が抜ける。同時に強い衝動が湧きあがってきて、手足をめちゃくちゃに動かしたくなる。そんな快感。
 集中的にそこを攻められると、断続的に激しい震えが走って、またたくまに追いあげられてしまった。
 1度達してぐったりしているところを、さらに刺激され、苦しいほどの快感に悲鳴を上げる。
「やっ、もうダメっ……それ以上されたら……っ!」
 だが寛平はいじわるで、逃げる夢子を押さえつけ、さらにそこばかり攻めてくる。
 もがきながらなんとか目を開けると、恍惚とした表情の寛平と目が合った。目を細めて、うれしくてたまらないというように夢子を見つめている。
 ――やだ、そんな顔されたら……。
 そんなふうに見つめられただけで、また達してしまいそうだ。
 内側からぐりぐりもまれ、こすられて、いつのまにか体がまた高ぶってくる。寛平の顔が寄せられ、乳首を口に含まれてうっとりしていると、いきなりかりっと歯で噛まれた。
 その拍子に、夢子は2度目の絶頂を味わってしまう。
 もうろうとしているところにキスをされ、裏返されて、こんどは後ろから攻められた。
 背中の感じやすい場所を徹底的に撫でまわされ、臀部をもみしだかれ、ふたたび盛りかえしてきた股間を、口で愛撫される。
 そんなこんなでもうあと2度ほど先にイかされ、息も絶えだえになってから、ようやく寛平のもので貫かれた。
 とろけるばかりになっていたそこは、たやすく寛平のものを呑みこみ、さらに引きいれようとするように伸縮をくりかえす。

関連記事
21:35 イースト・プレス/シュガーLOVE文庫 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。